流行を知ってメンズセレクトショップでブランド服を買いましょう

男性といえば女性と違いファッションには無関心と言われたのは一昔前のことです。今は時代も変わり、メンズもオシャレな着こなしをするようになってきました。

もちろん未だに服は数種類あればそれを着回しすればいいと考えている男性もいますが、せっかく毎日服を着るなら衣替えしてみたり、ワンポイントでアクセントをつけたりしたほうが生活にハリが出ますし気分転換にもなります。
男性は視覚に頼るタイプの人が多いので、鏡の前に立って自分の服を眺めるだけで感情をポジティブに変えることもできます。

よく人生で成功するにはセルフイメージが大事だと言いますが、このセルフイメージを変える最も簡単な方法が外見を変化させることなのです。

外見は服装を変えれば一日で変わります。
ですから、自分に自信がないというような人は、自信がつくような明るめの色のブランド服などを着ればそれだけで自分の理想の姿に一歩近づくことができるのです。

このように自分が着る服一つで人生が大きく変わることを理解すれば、ジャケットは1着のみ、部屋着もジャージやスウェットで十分という考えは良くないということがわかるでしょう。

やはり理想は一週間分、7着の服を揃えることです。しかしメンズセレクトショップで売っている服を大量に買い込んでクローゼットを一杯にしても、そのブランド服がダサかったり、同じ色ばかりだったり、時代遅れの服装であれば、せっかくの購入した服が台無しになってしまいます。

大切なのはその時の流行りの服をチェックしそれに合わせたチョイスをすることです。
では流行の最先端はどうすれば知ることができるのでしょうか。日本で流行るファッションはアメリカ、ヨーロッパのブランドであることを考えれば、ミラノ、ロンドン、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどからスタートするトレンドが大事であることを理解できます。さらに先端をいくなら、パリ・コレクションかニューヨーク・コレクションを見れば良いのですが、これは主にメディアやデザイナー向けですので一般人が見てもどのファッションデザインがこれからのトレンドになるのか予測できないでしょう。基本的にはロンドン・イタリア・LAなどのファッションの発信地をチェックしておけば十分といえます。

例えば2015年でいえば、メンズではスキニーパンツが流行しました。従来、スキニーパンツのような細身のパンツは脚を長く見せたい女性が着用したものですが、男性も脚を長く見せたいという要望が多くトレンドになったと思われます。

また定番アイテムですが冬のシーズンにはニットのカーディガンも販売が好調だったようです。このように流行は常に移り変わっています。あまり古い年に流行った服を着ていると時代遅れと思われて人に笑われてしまいます。

このようなことのないように、ヨーロッパのファッション情報をこまめに収集してメンズセレクトショップでショッピングするときの参考にすると良いでしょう。


【情報サイト】
YAECA、sacai luck、UNUSED、Ron Hermanなどのセレクトショップ。
http://www.deepinsideinc.com/
公式サイト